MENU

SM的純愛~解きたい男×縛られたい女の感想レビュー 溺愛しんどろーむのエロ漫画

レビュアー① 男性:
「SM的純愛~解きたい男×縛られたい女」は、表紙絵に描かれている主人公とヒロインの絵の綺麗さ、エロさに惹かれて読み始めました。

痛たそうなSM系のエロ漫画は好んであまり読まないのですが、この作品は絵のタッチの綺麗さに惹かれてどんどんハマっていきました。読んでいて「縛られて身体が喜んでることがこちらにも伝わってくる」のがスゴイ画力だなと感じました。

ヒロインのキャラ設定も良く、緊縛フェチでドM、会社で残業をしていてストレス発散のためにオフィスでセルフ緊縛をするという、エロさ、ヤラしさが満開のヒロインなのはとても良かったです。漫画の王道で、セルフ緊縛しているところを主人公に見つかり、弱みを握られてしまい、様々なSMプレイをヒロインがさせられています。個人的には、夜の公園でのスカートをまくりあげてのえちえちシーンはとても良かったなと感じています。

緊縛されていますが痛みとかないため、痛たそうなSM系エロ漫画が苦手な人にもオススメできる作品だと感じています。
レビュアー② 男性:
とにかくこの作品のヒロインに注目してほしいですね。

眞園という女性なのですが実は緊縛フェチだというから驚きです。そんなフェチを抱えているので我慢できずに会社で緊縛オナニーをしている姿にとても興奮しましたね。

ドSな人が見たら絶対に欲情すること間違いなしです。そんな大胆なことをしていたので、偶然ある社員にその姿を見られてしまう流れは最高ですね。完全に緊縛プレイと羞恥プレイを同時に味わった感じです。

どんどん場面に妖艶な雰囲気が蔓延していくのでたまりません。その同僚佐渡がある提案をしたことで流れがまた面白い方向へと傾くので必見です。「自分が縛りましょうか」という言葉から眞園と佐渡の卑猥な関係がスタートしていくのでなんだか面白いですね。

眞園が裸で縄に縛られている姿はとてつもないエロさなので覚悟しておいてください。見た瞬間に確実に勃起しますね。佐渡も同じ気持ちらしくいきなり巨根を出してアピールしてくるので、その姿は必見です。

作品内容

  • タイトル:SM的純愛~解きたい男×縛られたい女
  • サークル:溺愛しんどろーむ
  • 発売日:2024年03月22日 0時

バリキャリOL・眞園 恵麻(まその えま)には、秘密がある――
それは緊縛フェチのドMなこと!しかし誰にも言い出せる訳もなく、残業のストレス発散にオフィスでセルフ緊縛をしていたら…。
同僚の佐渡 怜(さわたり・れい)にうっかりバレてしまって……!?しかし怜からある提案をされる。
「どうでしょう 俺に縛られてみるというのは」
地味な顔してこの男、好奇心旺盛なドのつく隠れSだったらしい。
少し強引なのに手つきは繊細で的確で──…縛られているのに包まれているような感覚に敏感になってしまう恵麻。

あれよあれよと裸にされて身動きが取れないままの緊縛セックス。
怜の巨根ちんぽでグチュグチュに突かれ、何度も絶頂しながらココロもカラダも満たされていく。
「俺に所有されてる自覚を持って下さい」
内に隠された欲求や、さらにその奥まで暴き出してくれる怜…愛し方はだんだんエスカレートしていき─―!?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次